!?

ビットアイルに投資をしていたお金はIPOに

ビットアイルはTOBによって買収をされてしまい、上場廃止となってしまいました。
直近の株価からするとかなりの高値で買取をされたので、投資をしようとしていた人は損をすることがないどころか場合によっては大きな利益を手にした人もいます。
しかし、長期的な視点で見てビットアイルに投資をしようと考えていた人にとっては、投資対象がなくなってしまって困ってしまったという人もいるかもしれません。
そこで、ビットアイルが上場廃止となってしまったことで行き場を失ってしまったお金はIPOに投資をしてみてはどうでしょうか。

IPOとは企業が資金調達のために、自社の株を新しく株券取引所へ売り出すことです。
IPO株はまず、株を売り出す企業と証券会社との間で上場前の株価である公募価格が決められます。
この公募価格は、株が売れ残らないようにあらかじめ安く設定されているため、市場に売り出された際の初値が公募価格よりも上がっていることがほとんどです。
そのため高確率で利益を出せることから非常に人気の高い株となっており、購入希望者も多いことから抽選によって購入者が決められます。
IPOの初値予想をあらかじめしておいて狙いの株を公募価格で手に入れることができれば、それだけで大きな利益を見込むことが出来るでしょう。
上場後の値動きというのも妙味があるもので、短期間で株価が倍になることもあるため上手く流れに乗ることができればあっという間に資産を倍にすることも可能です。
しかし、その逆もあり短期間で半値になってしまうということもあるため、IPOはリスクの高いものとなっているのですがビットアイルのTOBによって利益が出ているのでその分を溶かしてしまっても元々という気持ちで投資をすれば、リスクとリターンのバランスが取れた投資をすることが出来ます。
IPOはすぐに資産を増やすことが出来る一方で、あっという間に大きな損失を出してしまうおそれもあるのでなかなか手を出しにくいものですが、ビットアイルのように棚から牡丹餅的に利益が出たものがあるのであればそれをIPOのようなリスクの高いものに再投資をしてみるというのも悪いものではありません。
IPOで大きく利益を出すことができれば、その利益を元手にして更に別の銘柄へ投資することも可能となるでしょう。