!?

初心者が最初に投資をするなら何?

株などへの投資を新しく始めてみようという人に最適なのが、2014年(平成26年)からはじまったNISA、少額投資非課税制度です。以前は証券優遇税制といって、株式の配当金などは10%の軽減税率でしたが、それは2013年(平成25年)いっぱいで終了し、2014年(平成26年)からは20%になりました。しかしその代わりに、NISA口座を作ってそれで購入した上場株式の配当金などは、年間100万円(2016年から120万円)までの投資であれば、原則5年間非課税で済むという制度が誕生しました。それがNISAです。株の初心者は最初は少額から始めるものですし、逆に言えば年間の限度額があることでその範囲内で購入し、資金を使い過ぎることも防げます。初心者の人は、まずNISAを利用するのがいいです。NISA制度の適用になるには専門のNISA口座を別に作ります。その場合住民票の写しなどが必要です。これは、NISA口座が1人1口座と決まっているからです。1月1日時点での住所がわかることが肝心です。金融機関は税務署に口座の開設を申請しますが、審査のあと開設が完了するまで1か月近くかかりますので注意が必要です。NISAで対象となるのは株式と投資信託です。このうち投資信託というのは、運用を専門家に任せるので安心ではありますが、いろいろな形式のものがあり、かつ商品によってリスクがバラバラです。なので最初は株式に投資するとよいです。NISAですと予算に限度額がありますから、特に何種類かの会社の株を買う場合は、少しでも株価が安いに越したことはありません。最初は、普段その会社の製品を使っていて馴染みがあり、その会社のファンなのでぜひ投資して応援したい、かつ株価は安め、という株式に投資すべきです。一定の数以上の株主になりますと株主優待といって製品がもらえますが、その一覧を見て参考にするのもいいです。

人気ランキングPopularity Ranking
アーカイブ